Microsoft Office IME

Microsoft Office IME 2010

Microsoftの最新日本語入力システム 快適な文字変換+辞書追加+インターネット検索が可能

完全な説明を見ます

賛成票

  • 文字変換が速くなり、精度が向上し、よりスムーズな文字入力が可能になった
  • 文字変換用の辞書の更新、拡張が可能で、自分で辞書を作ることもできる
  • 入力中の文字をインターネットで検索できる

反対票

  • 長文変換の精度ではATOKに劣る
  • Baidu IMEで可能な変換候補ウィンドウのデザイン変更はできない

秀逸
-

Microsoft Office IME 2010(マイクロソフト オフィスIME 2010)は、Microsoftが提供する最新の高機能日本語入力システム(日本語IME)です。文字変換のスピードが速くなり、変換の精度が向上したほか、インターネット検索機能など新たな機能が追加されています。

[PR]期間限定でタイプ カバーが無料

元々はMicrosoft Office 2010のみに同梱されていましたが、Microsoft Office XP/ 2003/ 2007/ 2010のユーザーであれば無料で入手できるようになりました。また、Windowsに標準搭載されているMicrosoft IMEとは別物で、より多機能です。従来のIMEを利用しているならば、バージョンアップして日本語の文字入力を快適化してはいかがでしょうか。 Microsoft Office IME 2010をインストールしたら、言語バーの左端のアイコンをクリックしてMicrosoft Office IME 2010を選んで有効化します。すると、前のバージョンである2007版の倍以上の速度で文字変換候補が表示されるようになります(Microsoft社発表)。また、一度選択した変換候補は次回から自動的に第一候補として表示されるようになります。今までのMS-IMEに比べ、よりスムーズに文字入力ができるようになったと実感できるでしょう。

Microsoft Office IME 2010では、言語バーのツールメニュー内から新しい文字変換用辞書の追加や既存の辞書の更新を行うことができます。また「オープン拡張辞書」として自分で辞書を作成したり、他のユーザーが作成した辞書をダウンロードして使用できます。更に、入力中の文字をオンライン翻訳サービスで翻訳したり、インターネットの検索エンジンなどで検索することもできます。操作にはショートカットキーを使えるので、キーボードから手を離さずに済んで便利です。各オンラインサービスの利用に必要な定義ファイルは公式サイトで入手したり、自作できます。

なお、日本語IMEには他にもATOK、Google日本語入力やBaidu IMEなどがあります。ATOKは長文変換の精度がより高く、また敬語などの文法ミスを指摘してくれます。Google日本語入力はインターネット上でよく使用される言葉の変換が得意で、流行語や時事用語にもよく対応しています。 一方Baidu IMEでは、変換候補ウィンドウをオシャレにカスタマイズしたり、言語バーの操作で画面キャプチャーを行うことができます。それぞれ特徴がありますが、インターネット検索や辞書拡張という観点ではMicrosoft Office IME 2010に軍配が上がります。 Microsoft Office IME 2010は、快適に使える多機能な日本語入力システム(日本語IME)です。有志のユーザーにより、人名辞書や顔文字辞書などの様々な拡張辞書が提供されているので、好みのものを探すのも楽しいかもしれません。

— パーソナライズ —

Microsoft Office IME

ダウンロード

Microsoft Office IME 2010